バックナンバー

2015年2009年2008年2007年2006年



1. 田中角栄先生(2007年11月15日 投稿)

 先のブログでも書きましたが、私はここのところ暇を見つけては「ポスター貼り」に励んでいます。
 ある時、知り合いのお宅に伺うと、面識のない相当にご高齢のおばあさんが出てこられました。ひとしきり自分の政治的立場(2年前の郵政解散選挙に出馬し、田中真紀子さんに破れ、現在次の衆議院選挙を目指して準備中であること)をお話した後「ポスターの掲示」をお願いすると...
⇒続きを読む


2. Dear Representative Mike Honda -従軍慰安婦問題について-(2007年2月27日 投稿)

 少々重い話題になるのですが、現在アメリカの下院議員のMike Honda氏より従軍慰安婦問題について対日非難決議案が提出され、15日に公聴会が開かれました。今後の審議日程は不明ですが、4月頃に採決に付され、採択される可能性もあるとのことです。
 現在日本政府は外交ルートを通じてこの阻止に動いており、その成果が待たれます。...
⇒続きを読む


3. 国家公務員法について-中立性の幻想(2007年7月6日 投稿)

 今国会で成立した国家公務員法改正案について先日ブログに記載したところ、読者の原さんから、以下のコメントを頂きました。これに対する回答を、本来ならレスポンスとして書くところですが、結構な長さになりますので、稿を改めてこちらに記載いたします。 ...
⇒続きを読む


4. ふるさと納税制度(2007年5月8日 投稿)

 1日、菅総務相が、住民税の一部を育ってきた故郷に納税することが出来る「ふるさと納税」制度の創設に向けた検討会の発足を指示したと発表されました。
 地方から政治家を目指すものとして不利になることは承知であえて言いますが、今後の研究の結果素晴らしい制度が見出される可能性は否定しませんが、少なくとも現在取りざたされているような制度であるなら、私はこの制度に反対です。理由は簡単で、「これは政治の責任を放棄したポピュリズムだ」と思うからです。...
⇒続きを読む


5. フランスと女性と出生率(2007年1月31日 投稿)

 最近出生率をめぐり話題が沸騰しています。ワイドショー的トピックはさておきこの問題について最も注目すべきは、フランスの出生率が2.0になったと言うニュースでしょう。何故フランスの出生率が上昇したかについては、その手厚い子育て支援にスポットが当てられることが多いのですが、何より彼らの余裕ある生活ぶりが最大の原因であるように私には思えます ...
⇒続きを読む


6. 甘えに気づいていないのか?~「愚」「傲慢」といわれたからにゃ~ (2007年5月20日 投稿)

 このタイトルを呼んで、「ん?、これは民主党の某議員さんのパクリじゃないか?」と思った方、「パクリ」ではなく「パロディ」です(笑)。
 5月14日自民党が国民投票法案を参議院で可決、成立させたことについて民主党の現職の方が「愚」若しくは「傲慢」の「骨頂」と御指摘されていました。 ...
⇒続きを読む


7. 不惑(2007年9月9日 投稿)

 昨日私は40歳の誕生日を迎えました。調度良くというか、皮肉なことにと言うか、調度この日が青年会議所の40歳になった会員の卒業式で(会員資格は「40歳未満」です)、皆さんから盛大に追い出していただきました(写真-これで名実共に「30代」からも「青年」からも追い出された訳です)。 ...
⇒続きを読む


8. 天下り斡旋一元化と喧嘩の方法(2007年3月29日 投稿)

 天下りに関して渡辺行政改革担当相が提示した人材バンクの実現方法と時期について、官邸、自民党、省庁を巻き込んで論争が続いています。
 私はこの件について全面的に「人材バンクによる斡旋の一元化」に賛成です。この案に対して、省庁と自民党の一部から「官僚のやる気をそぐ」とか「省庁に優秀な人材が集まらなくなる」といった反対論が出ていますが、正直これはナンセンスだと思います。 ...
⇒続きを読む


9. 人事権(2007年8月20日 投稿)

 防衛事務次官の後任人事を巡って、ここ数日官邸と防衛庁を巻き込んだすったもんだがなされた後、「両者痛み分け」と言う結論が出されました。この件について内閣や大臣の統率力を含めて様々な議論がなされています。...
⇒続きを読む


10. 候補者調整(2007年12月12日 投稿)

 本日、新潟日報が長島先生が「新潟5区出馬も検討」と報じました。
 こういう事には基本的には黙っているのが得策のかも知れないのですが、すでに複数の方々から問い合わせや取材を頂いていますし、基本的に静かにしているのは性に合わないので(苦笑)、コメントさせていただこうと思います。 ...
⇒続きを読む