バックナンバー

2015年2009年2008年2007年2006年



1. 愛国心 (2006年4月29日 投稿)

 さる4月12日 私は軍恩連盟長岡市連合支部総会に参加し、皆様から大変ありがたいご支援を頂きました。遅ればせながら、心より御礼申し上げます。
 さて、これと関連して、私は、現在教育基本法改正案で話題になっている「愛国心」について意見を述べたいと思います。私は、国旗であれ、国歌であれ、愛国心であれ、共同体と言うものを愛する心を教育の場で教えることは当然であると考えます。その理由は、愛国心、共同体を愛する心とは、決して我々が守るべき自由主義や民主主義に反するものではなく、むしろその前提であると思うからです。...
⇒続きを読む


2. 竹島周辺海域の調査問題に思う (2006年4月20日投稿)

 日本政府が竹島周辺海域での調査を韓国に通告したところ、韓国政府がこれに強く反発し、耳目を集めています。
 詳細は既に様々なマスコミで取り上げられているので省略しますが、基本的に日本の行っている行動は、国際法的に何の問題もないことです。EEZ(exclusive economic zone: 排他的経済水域)とは、その領有を主張する国が、「経済的主権」を行使できる範囲に過ぎません。たとえ韓国のEEZ内であったとしても(日本からは本来日本のEEZですが)、科学的調査(資源調査ではない)を行いつつ平穏に航行している日本船舶の行動を妨害する権利は、韓国にはありません(因みにこれに先立つ韓国漁船の日本EEZ侵犯問題では、韓国は「違法操業の証拠が明確でない以上、EEZの航行自体は自由」と主張しました)。その日本の行動を非難し、あろうことか実力を持って阻害しようとすることは、言葉は過ぎるかもしれませんが、「無法の行動」といっても過言ではないと思われます。...
⇒続きを読む


3. 豚の世話とニート対策 (2006年5月21日投稿)

 私はボストンで、豚を使って心臓の病気を治療する研究を行っています。私の生家は養豚業を営んでおりまして、子供の頃はよく豚の世話をしました。その豚に地球の反対側で再会した訳で、よほど縁があるのだと思います。
 さて、この豚の世話ですが、こちらでは実験動物の管理は「アニマルテクニシャン」といわれる専門の人が当たります。また、動物以外の実験室の仕事をこなす「ラボテクニシャン」という人もいます。面白いのは、この「アニマルテクニシャン」や「ラボテクニシャン」を、高校生・大学生がボランティアで行ったり(勿論本職の監督の下ですが)、大学を終わって大学院を目指す学生が短期(1-2年)で行ったりしている事です。...
⇒続きを読む


4. 料亭政治 (2006年8月29日投稿)

 8月8日に、星野行男前衆議院議員の後援会、「越星友の会」の納涼会に出席させていただきました。場所は長岡市の料亭「いまつ」(http://www.niigataken-gurumeclub.com/detail.asp?ID=61&type=1)です。この「いまつ」は越山会華やかなりしころ、故田中角栄先生が会合に愛用した場所として知られています。...
⇒続きを読む


5. 総裁選 (2006年9月9日投稿)

 本日自民党総裁選が公示され、下馬評どおり安倍、麻生、谷垣の3氏が立候補しました。誰もが分かっているとおり「誰を次期総裁に選ぶか」と言う意味での総裁選は福田さんが不出馬を表明した7月21日の時点で終わっています。それでも安倍さんにとっては次期政権への信任投票、麻生さん、谷垣さんにとっては次の次への布石と言う意味があるので各陣営は必死で動くでしょうし、その中で政策論争が展開されることは有意義なことだと思います。各陣営の主張や動きについてはマスコミで十分報道されていますので、それらはおいておいて、「私にとっての総裁選」と言うことで少し書きたいと思います。...
⇒続きを読む


6. ゴルゴ13、椎名林檎、麻生外務大臣 (2006年7月11日投稿)

 先述しました塚田一郎さんを励ます会で、今話題の麻生外務大臣が講演にこられました。講演の多くは北朝鮮問題についてでした。既に新聞報道もなされていますが、麻生外務大臣は、粘り強く日本の立場を訴えつつ、毅然とした姿勢を崩さないことを明言されました。下記のブログに記しているとおり、私は、日本政府は今回の件に対して、適切に対応していると考えています。今後の展開が注目されます。...
⇒続きを読む


7. 国旗と国歌のマナー論 (2006年9月23日投稿)

 9月21日、入学式・卒業式で国旗に対して起立し、国歌斉唱を求める都の通達を違憲とする地裁判決が出ました。三権分立を掲げる日本憲法の下で、法律・行政の違憲性の審査を担うのは司法であり、その判断に従うべきことに異論はありません。まだ一審判決が出ただけで、都は控訴を明言していますので、今後の上級審での議論に注目したいと思います。...
⇒続きを読む


8. 医師不足の経済学 (2006年10月15日投稿)

 現在地方の医師不足が深刻な問題となっています。私の住む新潟5区、なかんずく魚沼市では、医師・医療機関の集約化を目指した「魚沼基幹病院」の建設と、既存の地方の県立病院の存続問題が大きくクローズアップされており、この問題はまさに喫緊の課題であるといえます。私は、現在の地方の医師不足問題の本質は、日本の医療が、「経済学」をあまりに無視してきてしまったことにあると思います。...
⇒続きを読む


9. 地方投資特別減税による国土の競争的均衡的再発展 (2006年6月7日投稿)

 やや古い記事ですが、5月7日の朝日新聞に、地方都市の衰退が顕著である言う特集が出ていました。この記事以外にも近年地方の中核都市の衰退を指摘する報告は数多く出されていますし、地方の生活の実態として、それはまさに実感されるところだと思います。...
⇒続きを読む


10. いじめ (2006年10月21日投稿)

 私は同級生をいじめたことがあります。私の心の中ではそれは、「付和雷同してやった」ものだったのですが、その子から見たらそんなことは何の意味もないことだったでしょう。言い訳じみますがこのことは私にとってはずっと心の重荷になっていて、その子に謝ることができた時には、ずいぶん心が軽くなったものです。勿論それはあくまで私にとってであって、その子にとっては、心の中の傷は残ったままだったと思います。あの時の私は、絶望的に浅薄で、愚かでした。...
⇒続きを読む