現行憲法の理想を保ちながら、時代に合わせた憲法改正を

 まず私は、現在の日本国憲法は、非常に理想主義的に、国民の自由と権利を高々と歌う非常に素晴らしい憲法だと思います。しかし、さすがに、制定されて既に70年近いときが経っています。時代に合わないところ、当時想定していなかった事態にうまく対応できない状況が発生しています。国民の権利と自由を十分に守り、国家の枠組みとしての機能を十全に果たすために、必要な改正を加えることは、国民として当然の権利だと思います。具体的には、国民の権利としてはプライバシー権、環境権、国家の義務としては説明義務を加える必要があると思いますし、国の枠組みとしては、衆議院の優越の強化、内閣の権限の強化、地方自治の明確化が必要だと思いますので、これらを実現する憲法改正を行うべきだと考えます。

96条(憲法改正)の改正について

 次に96条についてですが、私は現在の、衆議院2/3、参議院2/3の賛成で発議できるという条項を、衆議院1/2、参議院1/2で発議できるようにすべきだと思います。これについては「憲法を簡単に変えられるようにするなんてとんでもない。」という意見もありますが、あくまで発議要件にすぎません。国会が発議した後、国民の過半数が賛成しなければ憲法は改正できないという根本は変わりませんから憲法をないがしろにすることには全くならないと思います。逆に、現在の衆議院2/3、参議院2/3ですと、今のねじれ国会を見てもわかる通り、これはよっぽど条件が整わなければ発議すらできないということになりますから、国民が憲法を変える機会を奪ってしまうものと思います。したがって、私は、国民の憲法改正の権利を実質的なものにするために、96条を改正するということは許容されると思います。

憲法9条は、理想と現実の折り合いをつける大人の知恵

 次に9条ですが、私はこれは敢えて変更せず、現状のままでよいと思います。勿論戦争の放棄、戦力の不保持と言う9条の文言は、現在の自衛隊、世界情勢とそぐわないところはあります。しかし、逆に言うと、現在日本は、9条がある状態で、自衛隊という戦力を有し、北朝鮮がミサイルを打つとなれば打ち落とす防衛体制を整え、国連軍のPKOに参加しているわけですから、憲法9条という理想は理想として掲げたまま、防衛体制を確立していくことは、十分可能だし、今現にやっているということになります。更にいうなら、憲法9条を改正するとなれば、国論を二分する激しい議論と、長い年月が必要ですが、尖閣を見ても、北朝鮮を見ても、その猶予はありません。日本の防衛力の整備には、憲法9条という哲学的問題に深入りすることなく、有事法制の整備、指揮命令系統の確立、防衛力の充実、そして集団的自衛権行使容認への解釈変更という、現実的措置を着実に進める方がよほど重要だといえます。したがって私は、憲法9条はこのままで、防衛力と有事法制の整備を進めるべきとか考えます。

これから憲法改正についての国民的議論をじっくりと深めましょう

  以上、私の憲法についての考え方を述べましたが、憲法については、人それぞれにさまざまな考え方があり、議論はやっと始まったばかりというのが、本当のところだと思います。是非これから、まずは現行憲法をじっくり読むところから初めて、国民全体で5年、10年かけて議論し、なるべく多くの人が納得できる、より熟成した憲法を作っていくのが、新しい日本の枠組みを作ることにつながると、私は思います。