原発事故を教訓に、強固な安全性の確保を

 福島原発事故で明らかになったのは、今思えば当然のことですが、「絶対安全な技術はない。」と言うことであり、「原子力には大きなリスクがある。」と言うことです。原子力規制委員会の新基準が出来た今、原発の再稼働に際してはこの基準への合致を厳格に審査するのみならず、不断の努力で、日々の適正な運営と、更なる安全の確保に、電力会社、国を挙げて、一丸となって取り組むべきものと思います。

福島原発事故の検証無しに原発再稼働の議論はできない!

  福島原発事故の原因の検証、原発事故の人々の健康と生活への影響の検証、避難計画の実効性の検証の3つの究明がなされない限り、再稼働の議論は始められないという泉田知事の路線を、現在と未来の県民の命と健康に責任を持つものとして継承します。新潟版グリーンニューディール : 再生可能エネルギー、メタンハイドレートなどの新エネルギーで新しい産業を興し、雇用を創出します。